看護師の人員配置。適材適所。

こんにちは。
看護師のなみです。

一般企業でも同様かと思いますが、スタッフの能力や経験値は異なり、どのポジションで仕事を行っていくのか。という個々の役割を考えていくと、大きなちからのある医療チームの連携に繋がります。

先日、後輩看護師から「○○さん(仮:Aさん)に指示を出しても、伝えても、仕事が完結しない」という悩みがありました。
Aさんは、確かに仕事に対する反応が遅く、看護師に必要な気付きがあまりないイメージは他のスタッフの中でも持っていましたが、後輩看護師がそこまで悩んでいたという事は知りませんでした。

後輩看護師の心は既に折れており、スタッフの人員配置から考えていかないと辞めてしまうのではないか。という懸念もあり、会議が開かれました。

看護師は、様々な患者さんを診て必要な処置やケアを行い、ドクターへ報告が必要な患者さんに対しては医師との連携対応も生じてきます。到底一人で業務をこなすことは出来ない量です。そこで、連携が必要となるのが同僚看護師なのです。

看護師の中でも、介護系(排泄介助・入浴・清拭など)の仕事はしたくないという方がいます。特に今まで病院勤務で看護師の仕事とヘルパーさんの仕事が別れて業務を行ってきた方は、特にヘルパーさん業務はしたくない。又は、ヘルパーさんの仕事はしなくて良い。という思考になっている方もいらっしゃいます。

しかし、私が勤めている病院はそうではありません。
特に、私が働いている現在のフロアは重症度の高い患者さんが多く、自分では何も出来ない方がほとんどなので看護師とヘルパーさんが協力して業務を行っていかないと仕事が回らないのです。

後輩看護師のいるフロアは、重症度は高くないのですが仕事の基礎が全く出来ていないと思われます。
その為、他のフロアで教育のやり直しが必要。という判断になり、別のフロアに置き先輩看護師から再教育して頂くことになりました。

Aさんは、現在、特化した患者さんにのみケアを行ったり、その患者さんもAさんへの依存傾向がみられています。
やや共依存の関係性がみられており、ただ患者さんに優しくすること、依存させることが看護ではありません。
依存させてしまうと、その看護師がいなくなっただけでその患者さんは不穏になってしまいます。家族も同様ですが、依存させてしまう事により自立が妨げられたり、自分では何も出来なくなってしまうのです。その看護師がその患者さんの一生の生活や身の回りの事を責任持って支えていくことは出来ません。患者さんの為の自立を支える立場であることが見えていない現状です。そして看護師としての役割は何なのか、どのような看護をしていくべきなのか。もう一度考えて業務に励んで欲しいと願っています。

今回、先輩看護師と共に考えた人員配置は、他の看護師との相性や能力を考えて配置しました。
日々、その看護師がどのような動きをしているのか、救急対応は出来るのか、教育がまだ必要な人材なのか、ヘルパーさんとの協力性はあるのか、、等、様々な要素を考慮して人員配置を再度見直しました。

後輩看護師は、まだ経験も浅く、一人で仕事を抱え込んでいたので経験豊富な看護師を一緒のフロアに付ける事にしました。
今まで看護師が何人も入職してきましたが、入職しては退職を繰り返しておりスタッフが安定しないことも多々あり、このように頑張って頂けるスタッフはとても貴重です。その悩みに寄り添い、職場を改善してスタッフが働きやすい環境を考えることが大切だと思います。

もちろん、全てが上手くいくとは限りませんが、改善しようと努めて、トライしていくことが重要かと考えます。実行した先に見える新たな課題もあるでしょう。その課題にまた向き合い、改善していけば良いと思うのです。看護も同じですが、実行⇆評価⇆修正を繰り返すことにより人員配置の適材適所も見えてくるのではないでしょうか。

スタッフの皆さんが良い環境で働けることを願っています。